忍者ブログ

調弦、午前三時

小説と各種お知らせなど。スパム対策のためコメント欄は閉じております。なにかありましたら拍手から。

第六回文学フリマ大阪に参加しました!



イベント前に更新する余力がなかったのでひとまずはデザインをリニューアルしたお品書きを見てほしい。


【行くぜ天満橋!】
気がつけばもう4回目? な文フリ大阪に参加しました。
今回は会場が変わって一回目、関西コミティアでおなじみの天満橋OMMビルでの開催でした。
なかもずよりもぐっと近くなりました! 便利!
今回はアンソロのためにいつもよりバタバタになるはずなので早めに出たいから助かるなぁ。
イベントなのでおしゃれをして、ひとまず一時間前には着くようにおうちを出ました。

……あれ、わたし忘れ物してるな!?

おうちに戻り、無事荷物を回収しました。
さて、気を取り直して駅に行きましょう(家から駅まで約20分)
……バスがこないなぁ。住宅街だからタクシーも来ないなぁ。
やっと駅に着きましたが、準急も5分前に出たばかりで次に来るのは後10分後です。
なんということでしょう、会場に着くのは10時半ですね。


【到着したやで】
隣接してもらったきよにゃさんに「余裕があればスペースに荷物を運んでほしい」とお願いしたところ、最初からスペースに荷物が届いている! 直接搬入してもらったアンソロも届いてる!
まずはこれを確認しないとはじまりません。



きれいに刷ってもらってる~~! うれしい~~! 角丸かわいい~~!

何はともあれ報告したいのですが、そんな余裕はありません。準備、準備。
必要なものを出して、本を並べて、見本誌にも札をつけて、これは差し入れで、これは献本を渡すための袋とお手紙で……わーお、土修羅場。もうはや汗だくです。
おしゃれのために髪の毛巻いてお化粧もしてきたけどきっとよれよれです。
そして中百舌鳥の奥行きの広い机に甘やかされているとOMM! 狭い!!!



結局写真が撮れたのはお預かりしてきたコイツノ特装版が売り切れてからでした。
(この後おやすみアンソロを2列置きで積みました)
おやすみアンソロの下に敷いたのは中之島科学館で買った星座柄の手ぬぐいです。
(綿津見さんのラムネ手ぬぐいを敷いてのレイアウトがすてきだったのでまねっこです)
見切れていますがポスター上にはサークル名とスペース番号を入れた札をつけていました。
布ポスターはきよにゃさんに教えてもらっていっしょに頼んでもらった柚プリントさん製です。


【はじまりました】



周くん「らいさんがおでかけしてる時のかんばんだよ」
「情報量がすごいな」

どうにかこうにか設営が終わったのでまったりします。今回はきよにゃさんとキヨムさんの間でサンドイッチ配置(??)だよ。
きよにゃさん→わたし→キヨムさん→宇野さんでBL島で連結です。

「キヨムさん、わたしはこないだアイドルマスターSideMのアニメを見たのでMマスの話をしてほしいです! わたしは輝さんとみのりさんと恭二くんがすきです!」

アニメに出てきたのはごく一部なのでキヨムさんが好きなアイドルさんは出てこなかったので残念でしたね~。
ゲームでの315プロのみなさんを見せてもらったり、最近なにかと話題のひぷまい(我々の中では宇野さんだけ本格的にはまっていらっしゃる)の話がちらっと出たり、まったりわいわい。
ちょっと落ち着いたのでわたしは献本の準備をしながら店番をすることに。

おや、鹿紙さんからお預かりしたコイツノを見ていらっしゃるお客様がいらっしゃるぞ。

ら「コイツノ特装版はいかがですか?」
お客様「これ目当てできました~!」

鹿紙さん来れなくなっちゃいましたからね。喜んでいただけてうれしい~!
ほかにもコイツノを目当てにいらっしゃった方が多数。お試し読み冊子も閉会の頃にはきれいに無くなりました。

今回はおやすみアンソロを頒布する、という大きな使命があって参加した文フリです。
正直広報をものすごく頑張った(渾身のモーメントを見てほしい)&参加者の皆さんが広めてくださったおかげもあったのか、すーっと迷わずアンソロを手に取ってくださるはじめましてさんな方が多数いらっしゃいました。
お昼過ぎに「紺さんのツイートを見て」とおやすみを買ってくださった方もいらっしゃいました!うれしい~。

……ツイッターでちらっと言って割と反応があったのですが、OMMビルに移ったことで規模が大きくなった×通路が広くなったことによって「文化祭っぽいお祭り感」はすっかり薄まり(なかもずは体育館みたいな会場でしたし、ご飯やさんも出るのでそんな感じがした)、文フリ東京やコミティアのような大規模イベントにアップデートされた感はすごく感じました。
正直BL島はいつもそれほど人通りが多くないのですが、なかもず時代は詩歌の島と近くだったこともあってか、「通りすがりに面白いものがないかと足を止めてくれた」っぽい人が何割かいらっしゃいました。
(お品書きや値札のあらすじなどをじっくり見て吟味してくださったり、どんな本ですか? と聞いてくださったりする感じ)
しかし今回は皆様ほぼ、アンソロを迷わず手に取り一直線の方がほとんどです。
うむ、中々難しいものですね。

さて、小一時間ほどで献本の準備が整ったので取り急ぎサークル参加の皆様やご挨拶をしたかった方に第一陣でご挨拶にお伺いしてきます。いざ出発!


【遊びに行くよ!】
駆け足で感謝と愛を込めてご挨拶に回り、献本や忍のお手紙のお渡しが終わったのでさくさく自分のスペースに戻ります。お買い物はお昼ご飯休憩も含めてもうすこし後で、ときよにゃさんとシフトを決めることに。
相変わらずアンソロを決め打ちの方が多数ですが、既刊を手に取ってくださる方もいらっしゃいました、うれしい~!
一般参加でいらっしゃった紺さんにもお会い出来ました、うれしい~。(息子さんめっちゃ利発そうでかわゆくて癒やされました)

ちょうど出かけようとしたタイミングでまどさんとおかさんがいらっしゃったのでスペース前でわいわいおしゃべり後、ピックアップしていた回りたかったサークルさんにぐるっと遊びに行くことにしました。
まどさん、お会いするたびにおめめまんまるのびっくり顔でお迎えしてくださるのですごく楽しい。笑

(値札に下げたアクキーを見て)
「これはいっこだけ作ってもらったのですよ」
まどさん「かわいい~量産してください!」
「周大好きを量産する勇気はないなあ!笑」

「忍くんはみんなが周くん大好きでも平気なんですか、心が広いですね」
ら「俺が周のこといちばん好きだからねって笑顔で言ってましたね」

そういうところが好きなんだと思います。笑

今回は迷子にならないようにクリップボードに印刷した地図を挟んで、赤ペンでチェックしてサクサク回ることに。
主にツイッターで見かけた気になる本をリストアップしたのですが、わーおたくさん!
人見知りで(?)フォローもふぁぼもせずにそっとブクマで情報収集する派のわたし、サクサク狙い撃ちの買い物をし、合間にお知り合いを訪ねてご挨拶兼お買い物に。
あれ、ここに「か」って書いてるけどどなただろう?
→毎回行き忘れるかーびぃーさんことひざのうらはやおさんのブースでした。




これをつけてたのもあいまってか「あ、らいさん」ってみなさんスムーズにお話してくださったのですが、そのたびに「周大好き!」をみなさんにどやるわたしでした。笑
お買い物先のサークルさんもかわいいですねって言ってくださいましたよ。えへへ。

みなさんお優しいのでお会いするたびに服を褒めてくださいました、えへへ。
今回はおやすみっぽい感じ、をテーマにめいっぱいおしゃれしてきたのでうれしい~。
「家出る前に鏡見ながら『ほんとうにこれで外に出るの?』って思いましたけどね!」って三回くらい言うてたんはぼくです。
(紺のドレスっぽいロングワンピにおっきな白襟とレースのペチ、でっかいヘッドドレスに編み上げの靴でじゃっかん仮装大会みたいでした)
同人誌即売会はお城の舞踏会です。(みすぼらしいシンデレラなので平日はTシャツどすっぴん)

おや、通りすがりのお誕生日席にファンタジー系のすごくかっこいい雰囲気のサークルさんがいらっしゃいました。
お姉さん、スチームパンクテイストのお洋服で肩にリアルなカラスを乗せてらっしゃってすごくかっこいい~!

「お姉さんめっちゃかっこいいですね」
お姉さん「お姉さんのお洋服にシンパシーを感じます。笑」
「我々ファンタジー世界の住人ですね!笑」

イベントはすてきな出会いがたくさんですね。

そにっくなーすさんと灰野さんには「らいさんいつもお洋服がかわいい」と褒められてハードルがあがりました。笑
(おふたりともおしゃれでキュートなすてきなお姉さんです)




「仲良くしてくれてありがとうの忍ポイントだよ」
周くん「なんか毎日ちみちみ描いてると思ったらこれだったんだな」

忍ポイント、実は(?)ここに写していない「おともだち専用ポイント」があったので無駄に20枚くらいありました。笑 みなさん笑って受け取ってくださって心が広い。

「わたしもなんでこんなことになってるのかさっぱりわかんないんですよね。笑」

忍がいてくれるおかげで毎日楽しいので、それでいいんだと思います。
お買い物の際にお声をかけてくださったら渡します、と言っていたフリー忍ポイント(???)も勢い余ってお買い物中にお会いした皆様に大半をお渡ししていたのでした。

わたしはご挨拶回りやお買い物&お昼休憩で結局二時間くらい不在だったのですが(こんなに開けられるのもひとえにきよにゃさんとキヨムさんが両サイドで守ってくださる安心感があってこそ!)自分から会いに行った&タイミングよく遊びに来ていただけていろんな方とお会い出来ました。ありがとうございます。
わたしの店番タイムにはほぼおやすみの執筆者さん&面識のない方が多かったですね。
ナギノさんにはいつ行ってもらいさんがいないからきよにゃさんに売ってもらったって言われました。笑
らいさん忙しかってん。笑



勝手にいのりん班とお呼びしてるナギノさんとにゃんしーさんに五月に作った「はるのうた」(いのりんとマーティンと海吏のその後のお話)が渡せてぼくは満足です。
このために増刷してきたんだ。笑
お話はWEBでも読めます

3つのエピソードがきれいに重なって、初版は本文用紙がピンクだったし表紙もきれいなのでお気に入りの大好きで大切な1冊です。

それにしてもOMMは広い! 次の機会に、と後回しにしてしまったブースもたくさんありました。今度またお会い出来るといいな。またおしゃれしていきます。笑

さて、あっという間に16時過ぎでそろそろ閉会です。
朝あれだけテンパったところ、夕方もなんだかテンパってしまい、いつまでも荷物が片付かない。うむ、もう少し大きい箱に移せばもうちょっと発送出来るんちゃうかな? 段箱もらってこよう。
→あんまり変わらなかったので戻す
と、無駄な動きをしてしまったのでタイムロスがすごい!笑
皆様に盛大なご迷惑をおかけして、17時半頃にやっと撤収を終えました。
ありがとうございます、そしてすみません……。
おや、お片付けしていたられんげさんだ!(二回行って二回ともお留守だった)

「れんげさん、新刊をいただきたいのですがおいくら万円ですか?」
れんげさん「二百万円です」

我々は陽気な関西人です。


【ちょっとだけ売れ行きの話】
荷物を開封して改めて確認したのですが、

アンソロ:ほぼ目標見込みに到達
コイツノ:特装版は売り切れ、軽装版も残りは若干
既刊:ほぼ同じ冊数ぱらぱら動く

でした。
アンソロ決め打ちっぽい方がほとんどだったのですが、路線の違うジェミニやほどけないも手に取ってくださる方がいてうれしい~。
既刊がほぼ毎回動くって、冷静に考えるとすごいことなんですよね。
どの本も大切で大好きなので、心にとめていただける1冊になってもらえたらいいな。


【アフター編】



きよにゃさんが予約してくださったホテルのロビーラウンジで軽食をいただきました。
おしゃれ~~。
喧嘩稼業とsideMをおすすめしたいキヨムさんの熱いプレゼンタイムに聞き入り、あざといショタがいると聞いて前のめりで大興奮のきよにゃさん。

(お隣のおかさんに画像を見せながら)
「わたしはsideMアニメで鷹城恭二くんが好きになったんですけど、今朝気づいたんですが恭二くんはわたしの思う周くん像に似てるんですよ
おかさん秒で気づきましたよ

え、めっちゃはずかしい~~~。

いや、よろしければググってほしいんですけど清潔感ある黒髪×甘さ控えめの精悍な顔つき×お坊ちゃんだったのが反発して家を出る×アイドルらしく愛想よく笑うのが苦手(けれどグループでの兄弟にも似た絆に守られて笑えるようになる)
えっ、めっちゃ周くんやないか。

あまりBL的な萌えは感じ取ってないのですが、アニメのBeitクローズアップ回すごくよかったですよね。

ハイティータイム後は高速バスで帰られるおかさんのバスの時間までスタバに入ろうとしたところ、微妙に席がなかったので駅ナカにカフェがたくさんありますよ! と大阪駅構内にご案内しました。
おみやげを購入後、デリカフェでお茶をすることに。



めっちゃおいしかった。


いろいろお話させてもらったことはないしょないしょなのですが、常に考えている「何を書いてどうやって生きていくのか」について、みなさんそれぞれに考えてらっしゃるんだなというのが伝わってきていろいろ刺激もあり、実りもあり、キヨムさんの熱い喧嘩稼業のプレゼンはますます熱くなり(笑)たいへん楽しかったです。
(キヨムさんが忍ポイントカード推しページに挟んでくださっててすごい笑いました。笑)
自分の好きなものの話を知らない人に説明するのがどうもはずかしくてわたしは苦手なので(笑)(だからいつもこうやまさんに聞いてもらってます!笑)キヨムさんがまぶしかったです。えへへ。


とにかくまぁアンソロという一大プロジェクトをなした結果、いろいろテンパってgdgdになってしまい、キヨムさんときよにゃさんとおかさんにはご迷惑をおかけしましたことをお詫びします。
アンソロも無事に発行出来、たくさんの方に元気をもらえ、とてもよいイベントになったと思います。
お付き合いくださったみなさま、本当にありがとうございました。



【最後に今後のこととか】
次回はもう来月! 10月7日に開催の尼崎文学だらけに参加します。
こちらでは当日来場出来ない方に向けて、公式サイトにて通販を行っております。
→「午前三時の音楽」のお品書き
従来のイベントとは違った形の「本と向き合う・本が好きな人と集う」楽しい場になりそうですね。わいわい!

また、同期間である10月5日(金)~10月9日(火)開催の寸心堂書店様主催の「天神さんの古本まつり」内で開催される「文芸同人誌展示即売会@天満天神さん」に今回の新刊「さよなら、おやすみ、またあした」を出展させていただきます。
すでに本は文フリ会場にて受け渡し済みです。
即売会という場を抜け出して本が好きな方に出会えるチャンス! 楽しそう!



寸心堂さん「この角丸加工とかすごい凝ってますねえ」
「こだわってるので張り込みました!笑」


そして11月、文フリ東京にも今回と同じラインナップで参加します。
イベントに出すぎなので開けて京都文フリは一回おやすみして2月の広島文フリに出たいなぁと思っています。
アンソロはいろんな方に間口を広くアピールしたい・出来る本になったと思うので地方イベント向けじゃないかな、と思うので旅行がてら関西・東京以外に行きたいですねー。

また、当サークルの発行物はBOOTH匿名通販でもご注文をお受けしております。
こちらでもアンソロジーを含めた既刊をご購入いただけますのでお目に止めていただけましたら幸いです。


長いブログを最後まで読んでくださってありがとうございました!
俺たち(おやすみアンソロ)の旅がいよいよ始まるぜ! と少年漫画風にあおって今回はこれで〆ます。


拍手

PR

キスの温度




ほどけない体温、周くんと忍の夏の風景。R15です。




拍手

プリンセス・ドゥ・フルールの花咲く午後(『蒼衣さんのおいしい魔法菓子』二次創作)

服部匠さん「蒼衣さんのおいしい魔法菓子」二次創作。
「ほどけない体温」番外編に登場するりんちゃんと忍が魔法菓子店ピロートに遊びに行くお話です。

※非公式二次創作です。
※作中の「ふわふわシュークリーム」と「プラネタリウム」以外のケーキは作中には登場しない創作魔法菓子です。
※今作における愛知県と東京都の距離感は大阪と滋賀県程度とお考えください。笑





拍手

第7回 Text-Revolutionsに委託参加させていただきました

7月17日海の日に開催のテキレボ7に委託参加させていただきました。
本をお手にとってくださったみなさま、お世話になりましたスタッフのみなさまほんとうにありがとうございます。
二回目の委託参加でしたが、結果が出る前から「参加出来てよかったなあ、楽しかったなあ」と思えたよい機会になりました。
みなさま、ほんとうにありがとうございました。
さて、簡単に振り返ります。


【参加を決めるぞ! そして直前まで】
真夏に三連休最終日開催なのか、現地にはしんどいから行けないなぁ。
前回売り切れて買えなかったっていってくださった方に届いてほしいから参加はしたいなぁ。
うさうららさんが主催される花マップ企画にデッフラが出せるから参加しましょう、そうしましょう。

そんなわけで、委託参加を決めたテキレボでした。



ラインナップは初売りのデッフラ、定番ラインナップのジェミニ・ほどけないの4種。
新しい本も書きたくて準備はしてるんですが、とりあえずいまは制作中のアンソロに全力注ぎたいので個人誌は来年以降ですね。

おお、代行通知がきたぞ。
ジェミニに複数注文がきたー! すごいうれしい!
正直もうこれでじゅうぶんまんぞくしてました。笑


【気になるうちの本の結果編】
今回はじめて代行を利用させていただいたのですが、申し込み後に気になる本が出てきたり、がまんして買いそびれたり、なんとなく遠慮して申し込みそびれたりといろいろ。
まだ去年買って読み終わってない本あるもんね。
買えなかった本も何冊かあったのですが、自分の本といっしょに会場で頒布された本が帰ってくるのはイベントに行けた気分になれて楽しいですね。
スタッフ様、ありがとうございました。
さて、受注伝票が入っていますね……ほうほうほう。(数字はないしょないしょの方針でお送りしております)



花マップ企画に参加させていただき、テキレボ初売りとなったデッフラがいちばん多く、ジェミニとほどけないはそれぞれ代行のみ/現地のみで同じくらい出ました。
とりあえず納品数が足りてよかったですね! 

毎回のことですが参加できる企画もほぼなし、おなじみの既刊ばっかりラインナップで告知もあんまり力を入れてはいなかったのにこれなら大健闘ではないでしょうか。
ひとまず去年売り切れでほどけないが買えなかったけど月刊あましのでふたりのお話が読めて嬉しいってコメントくださった天使さまに届いてたらいいな。
(お友達以外で拍手から感想くださった方がはじめてで感激しました)

わたしはうれしいことがあると「こんなうれしいことがありました! あなたが神か! いや天使か!」みたいに話題にだしちゃうので、そのご本人さまがこことかツイッターをごらんになっていて「わたしのことじゃーん」ってなってらしたらすみません…ときめきメモリアルへのご出演ありがとうございます。(勝手に)

そういえば以前ジェミニ~ほどけないシリーズ全買いしてくださった方にびっくりして「あなたが神か」って真顔で言ったのはわたしなんですけど、ようすのおかしいサークル主ですみません。笑




そういえば5月の東京文フリでは続編のはるまぢとはじまりの唄がパタパタっと完売してエッってなったんですが、わたし東京文フリにはほぼ出てないのにみなさんどこでお求めに…?
れぼ…?
あまぶん代行…?

そもそもBLのイベントじゃないんだから場違いなのは承知の上で、わたしは創作文芸が好きだから、同じようにお話を書くことが好きな人たちに読み物のひとつとして自分が書いているものを見つけてもらえたらうれしいな、と思っています。
テキレボはほかイベントよりも格段にP Rの場があることが特徴ですが(わたしもそのおかげでファンになった作家さんがたくさんいらっしゃいます)、そうやって平等にもらえるアピールチャンスを最大限に利用させてもらった上で出展し続けてきた結果、着実に『テキレボのお客さん』にも手にとってもらえたことに自信を持っていいのかな、と思いました。

次回は3月21日だそうですね。
たぶん日程的にむりなのですが、おやすみアンソロをテキレボで買いたい、という人がいると思うので委託で参加できたらいいかなと思っています。



【今後のこととか】
次回イベント参加は9月9日の大阪文フリです。
制作中のアンソロジーを初頒布しますのでよろしくお願いいたします。こちらの詳しいお話はまた来月になったらお話出来ると思います。



今回のテキレボで初頒布されました、わたしも参加させていただいたおばおね百合アンソロジー「乞ひぞ募りて」が主催の鹿紙路さんの窓口にて通販受付中です

わたしはデザインと小説で参加させていただきまして、正直めっちゃ難しくてオーン! ってなりながら頑張ったのですが、主催してくださった鹿紙さん・ご参加の執筆者さんの力ですごく素敵な一冊に仕上がったのではと思っています。
さまざまな女性たちの恋や愛のあり方、生き様にはらはらしたりキュンキュンしたり癒やされたりします。
そしてなんといったって執筆者陣のパワーのおかげで読み物としてすごく面白い!
素敵なご本に参加できてほんとうにうれしいです。
(テキレボ戦利品にたくさん写っていて、うれしくてニコニコしております)


また、コイツノをきっかけに(そんな方いらしたらいいな。笑)高梨來の個人誌も読みたくなった、イベントで買い逃した、方などはBOOTH通販も随時受け付けております。

小説はこのブログのお話のカテゴリーのほか、カクヨムでもいくつか読むことが出来ます。
いきなり本は買えないよ、という方も、よろしければお暇つぶしがてらに読んでいただけるとうれしいです。


拍手

第七回Text-Revolutionsに参加します。

大雨による被害に遭われたみなさま、この度はご苦労さまです。
わたしの住んでる地域も避難警報が鳴っていたりしたのですが、高台のマンションの6階、幸い通勤の路線にも影響はなしという感じでぶじであります。
こんな大変な時期に集荷に来てもらうなんて忍びない、と下のコンビニまで担いで集荷に行ったのですが(そんな重くなくてよかった……)宅配が停止している地域もたくさんあって心配ですね……どうにかみなさんが楽しく参加出来ることを祈ります。




第七回Text-Revolutionsに委託03:午前三時の音楽として委託参加します。

☆WEBカタログ☆

参加することに意義がある(きっと)という感じでのんびり参加です。
いや、うささんと豆塚さんとこで花マップ企画やるっていうからデッフラで参加したかったっていうのが参加する理由の9割みたいな……。
あと、前回まさかまさかのほどけないが完売してしまって、前回はあましの結婚特需の一生に一度のミラクルだと思うんですけど(笑)前回買えなかったって人にも手にとってもらえるといいなというのもあったりします。
在庫は多めにお送りしたので大丈夫だと思います。

テキレボは代行の事前通知がいただけるので、事前に0ではないとわかる安心感がありますね。
会場でもお目に止めていただけますとうれしいです。


今回の品揃えは1月京都の新刊「Dead Flowers」を含む4作品







Dead Flowers

テキレボの手製本クラスタのみなさんにも見てもらえるとうれしいですね。
こちらはうさうららさん主催の花マップに参加しております。

また、お話の雰囲気が知りたい人にはWEBでも読めます。

表題作Dead Flowers:カクヨムで全文公開中
同時収録作「くらやみの色」「雨のワルツを」関連作:目と耳、そしてエコー


なんというかこれしかわたしの小説に興味がないって人もいると思うんですけど(しかたあるまい)いままで書いたすべての小説を書くことが、それを読んでくださった人がいてくれたからこそ見えたこと、信じられるようになったことを書いたお話だと思っています。
ご興味を持っていただければうれしいです。




お馴染み? 「ジェミニとほうき星」「My shooting star
先日のツイッター300字で海吏のお話を書いたのでよろしければ覗いてやってください。
約束のゆくえ





そして「ほどけない体温

TLで毎日周大好きってのろけてるあほの忍を見てると当初の忍はどこにいった? って時折言われるんですが、作者の中ではさほど矛盾はないんですけどねえ。(ほんとうか)
あの子最初から周くんのこと大好きですし……。
がんらい人たらしで四方八方に愛想をふりまく+周くんが大事にしてくれるので心を開いて甘えてるし毎日ニコニコしてるってことなんだと思うの。

また、今回も300字企画さまに委託参加させていただきました。



周くんと忍のふたり暮らしのお話です。
ちょっと切なめ。


今回もツイッターのモーメントに告知をまとめています
人様によって、作品について作者がいちいち語らない、自由に解釈してもらうべきだって考えもあるんだろうし、その手のあれがしょっちゅうリツイートやらふぁぼの流出やらで回ってくるんですけど、わたしはそういう人間じゃないので話したいことを話します。笑
すべてひとつづきのわたしなんだから、口を閉ざしてほんとうに話したい大切なことを話すことを諦めてしまったらますます息がつまってしまう。

大切なことについて話をするのはときにすごく苦しいことなのですが(自分も、話を聞いてくれた人のことも少なからず傷つけてしまうのは確かなので)、わたしには誰かと話したい、分かち合えたらと願わずにいられない大切なことがたくさんあるので、ちゃんと伝えられるようになりたいです。


……あれ、なんの話をしていたんだっけ。(すっとぼけ)





また、今回はアンソロジーにも参加させていただいております。



乞ひぞ募りて

鹿紙路さん主催のおばおね(十歳以上の歳の差の成人女性同士の恋愛関係)をテーマにまんが・小説が収録されたアンソロジーです。
装丁・目次デザインとお話で参加させていただきました。
わたしは無気力気味で彼氏ともあまりうまく行っていない女子大生の女の子が聴講生として出会った四十代のきらきらした綺麗なお姉さんに惹かれていくお話を書かせていただきました。

ふだん書かないジャンルを書くのはすごく難しくて四苦八苦したのですが、結果的にすごく楽しく、好きなお話が書けたと思います。


そしてアンソロジーといえば、9月9日の大阪文フリにて発行予定のアンソロジー、「さよなら、おやすみ、またあした」の告知フライヤーをこんぺき出版の豆塚エリさんのブースにて配布していただきます。



現在鋭意編集中なのですが、とても素敵な作品が多数集まりました!
楽しみにお待ちいただけるとうれしいです。
わたしのお話には、フライヤーに登場する手紙の送り主である「彼」が登場します。


いよいよ夏本番の海の日、現地に集まるみなさんが楽しい一日を過ごせますように!
また、今回はじめて代行を利用してみたのでほしかったご本が買えますように!笑

大阪からぶじを祈っております。



拍手

Copyright © 調弦、午前三時 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]