忍者ブログ

調弦、午前三時

フルーツみたいな月の夜に

第三回季刊ヘキワンデイライティング企画に参加します。
お題:「三時」

真夜中のころのふたりのお話

拍手

PR

夢のそとへ連れて行って

【更新記録】
  • 小話ページに「夢の、そとへ」(R18)
  • ワンライ、ヘキライ参加作品などをその他にも追加しております。

R18はブログではなくサイトのサーバーへ置くようにしておりますので、よろしければどうぞ。

テキレボで出した無配「物語は続く」で朝チュン描写で濁していたシーンをようやく(?)書きました。忍視点です。
やまもおちもないいたしてるだけのお話です……。

わたしはこの子たちがいたしてるお話をいったい何度書くのでしょうと、想わなくもない。
なんせ周くんの初登場回は「溶けない星座」(R18)ですしね。
(性)愛に特化すること、必ずしもそこに回収されることがBLの意義だとは勿論思わないのですが、わたしがある種のBLに感じている心地よさを投影させてくれるのがこの子たちなのかも、と思います。




拍手

ソファー

「ほどけない体温」周くんと忍

第四十四回一次創作BL版深夜の真剣60分一本勝負 お題「うたた寝」
on the couchの後日談っぽいお話です。

拍手

第二回ヘキライ企画参加作品。
お題「指先からの芽生え」

拍手

文フリ東京お疲れ様でした。

11月23日東京文フリにご参加の皆様、お疲れ様でした。
去年は直接参加でしたが今年は日程が厳しかった為、文フリガイドブースさんにて委託で参加をさせて頂きました。




思い切り余談ですけど、ってことは石油王から一周年なんですね、じわじわくるなー。
(みんな半笑いでもらいに来てくれてすごい面白かった)
わたしはあの子たちがほんとうに好きで大切なので、ネタでも読んでもらえてうれしいです。笑


と、思い出話はさておき。

5月に引き続き委託してくださった文学フリマガイドブック編集委員会のみなさま・編集長の秋山さん、そして何より推薦してくださったきよにゃさん、ありがとうございました!
当初は出さない予定だったのですが、今回移動書店に参加される本が少ないとお聞きしたので、賑やかしにはなるかな、みたいな。(笑)
秋山さんに編集長が変わってリニューアルしてから初めて文フリガイドを手に取ってみて、自分の観測範囲では見つけられなかったであろう面白そうな本が沢山あって、熱意のこもった紹介文も含めて素敵だなぁと思う反面、自分の参加するイベントでも頒布されるとは限らないわけで……ガイドブースでまとめて本を委託してもらえるって凄く良いシステムだと思うのです。
サークルさんのご都合などもあるかと思うのですが、今後も続いてほしい&委託される参加者さんが増えてほしいなぁと思います。

結果は「このくらいは出てほしい、妥当だろう」と思う予想値ぴったりでした。せ、せやな……(笑)
まぁぶっちゃけた話5月よりも総数は多くて、文フリガイド~あまぶん~テキレボとこの半年ほどで新たな人に知って頂けるチャンスがあった&参加させていただいた庫内灯さんが宣伝してくださった&移動書店企画が盛り上げて下さった&ガイドブースが島中→目に留まりやすい本部前に移動など、色々要因があったんだろうなと思います。
お手に取ってくださった皆さん、宣伝を拡散してくださった皆さん、売り子を務めてくださった文フリガイドの皆様、このたびはほんとうにありがとうございました!





次回のイベント参加予定は京都文フリですが、諸般の事情で申し込めなかったのできよにゃさんのブースでお手伝い&委託をお願いしております。
持ち込ませてもらうのはジェミニとほどけないの二種類。また、この二冊は2月の静岡文学マルシェさんにも委託をお願いする予定です。
せっかく主催さんが盛り上げようとがんばってくれてるし、一冊でも出会いがあるとうれしいです。

うちの本は通販も行っておりますのでよろしくお願い致します。
また、いきなり本読め言われてもハードル高いよね、とは思うので短いお話を色々書いております。よろしければ参考にしていただけると幸いです。

なんか10年ちょっと二次創作で書いてた本数の量を遙かにこの一年で超えてる気がしてわたしあほだなって自覚はあるんですけど週末ごとになんかしら書くのにはまっていまして・・・・・・。
書くことは楽しいので、手を動かしながら何かしらを見つけていきたいし、読んで少しでも楽しんでもらえるといいなぁと思います。

自分ではネットで書くのってどうも向いてないなぁと感じてたんですが、いまくらいのブログでぽいぽい書いてあげて、イベントで本を出してってスタイルは合っているのかもです。




拍手

Copyright © 調弦、午前三時 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]